練炭自殺なんて絶対にやるもんじゃない

 

現在、日本の自殺者数は年間約3万人、一日なら約80人だ。

 

『自殺対策白書』によると、その手段は性別や年齢を問わず「首吊り」が最多であり、男性に限っては、次いで多いのが「練炭」によるものである。

 

練炭は、点火してしばらく不完全燃焼の状態が続くため、その間は一酸化炭素が発生する。

 

一酸化炭素は人間の体内に入ると、血液中の「ヘモグロビン」と結合しやすいため、酸素の代わりに血中に取り込まれてしまう。

 

その結果、すぐに酸欠を招き、頭痛やめまいが表れる。

 

さらに放っておくと吐き気や倦怠感に襲われ、場合によっては幻覚を伴う場合もある。

 

その後は失神、痙攣が始まり、呼吸が停止する。

 

一酸化炭素中毒で亡くなった死体は、血中の一酸化炭素ヘモグロビンにより皮膚がピンク色に見えるため、他の死因の場合よりも綺麗に見える。

 

なおかつ筋肉が麻痺することにより穏やかな表情を維持している場合が多いため、『練炭自殺は楽だ』と誤解されている。

 

ところが実際は、血液の酸素運搬力がじわじわと奪われていくため、命の危険を感じた体は自然に覚醒し筋肉は動かないのに意識は鮮明なまま苦しんで死んでいくことになる。

 

たとえ睡眠薬を併用したとしても、発見される死体の多くは
苦悶の表情を浮かべているそうだ。

 

さらには失禁や脱糞も伴い、決して楽でも綺麗でもないのが現実である。

 

【>>次ページ】アフリカでは毎年3000人が○○に殺されている

 

関連記事一覧