どんなゴミ屋敷も、一つまみのゴミから始まる。

 

割れた窓を放置すると、他の窓も割れてくると言われている。

 

割れた窓を直さずに放置すると、例えば周りでポイ捨てや落書きが発生し、動物や侵入者がやってくるようになる。

 

やがて、暴力や放火などの大きな事件も起こり出すという理論である。

 

これを「割れ窓理論」という。

 

ついついポイと脱ぎ捨てたジャケットが、さらなる散らかしの原因になり、気がつけば、部屋だけでなくカバンや車の中までぐちゃぐちゃになっていたことはないだろうか。

 

恐ろしいことに、これは知らぬ間に人間関係や人格形成にも波及していくので、いつも目の前の小さなことを「まあいっか」で済まさないことが大切だ。

 

【>>次ページ】エビングハウスによる「忘却曲線」の真偽

 

 

関連記事一覧