エベレストは、高くなっていっている

 

エベレストは、ネパールとチベット自治区の間に位置する世界最高峰である。

 

実は、このエベレスト、年々高くなっていることをご存知だろうか。

 

エベレストは、約6,000万年前、インドのプレートがアジアのプレートに衝突し誕生した。

 

それだけ激しく活動しているプレートである。

 

まだその勢いは衰えていないようだ。

 

今でもエベレストは年3-4㎜ずつ高くなっていっている。

 

現在の8848mという数値は、1954年にインドの測量局が計測したものであり、1999年に全米地理学協会が行った測量では、標高8850mと発表されている。(公式のデータは8848m)

 

関連記事一覧