• HOME
  • ブログ
  • 精神
  • 同じクオリティでも高価な方に魅力を感じてしまう錯覚に気を付けろ

同じクオリティでも高価な方に魅力を感じてしまう錯覚に気を付けろ

 

人は、苦労せずに得られるものより、何かをして得られるものを選ぶ傾向がある。

 

世の中にも

・悪銭身に付かず

・イージーカム、イージーゴー

といった、似たような真理を指す格言がある。

 

しかし、考えてみればおかしいと思わないだろうか。

 

苦労して得た1,000万円と、宝くじのように、いきなり偶然に手に入った1,000万円を想定してみてほしい。

 

どちらも同じ金額で、他者から見ればどのように手に入れたのかは全く関係のない1,000万円だ。

 

にも関わらず、人はそれを全く同じとは思えないようだ。

 

というのも、人は自分で行動を起こした対価として得られる利益を過大に受け止めてしまうのだ。

 

これを「コントラフリーローディング効果」と呼び、当然何の合理性もない心理的なバイアス、つまり錯覚と言える。

 

これは様々な産業に踏襲され、人を動かすことに利用されている。

 

例えば、人がゲームやギャンブルに依存してしまう原因としても、この効果は使われている。

 

条件を満たすことで得られるアイテムや勝利に、ユーザーが過剰に快楽を見出すよう、うまく作りこまれていると言える。

 

人は誰しもこのバイアスを持っており、油断すると非合理的な判断についつい誘導されてしまう。

 

まずはこの事実を知っているか否かが重要だ。

 

・どんな買い物をするか

・どんなサービスを契約するか

・どんな商品を買うか

・どんな仕事をするか

 

ものの価値をなるべく常にフラットに見定められるよう、日ごろから訓練しておきたい。

 

 

《続きを読む》ソシャゲ廃人、依存のしくみまとめ

 

 

関連記事一覧