北半球と南半球では渦の方向が逆←本当か

 

地球上の物体が南北方向に移動した際、東西に移動している自転の影響を受ける。

 

よって、北半球では右向きに、南半球では左向きの力が、移動する物体に働く。

 

これを「コリオリの力」という。

 

地球は1日に360度自転する。

 

そのため、北極から南極に向かって飛行機が移動する場合、飛行中に地球が自転して陸地が移動するため、まっすぐ飛んでいても、元の経度よりも次第に西へずれこむ。

 

これを考慮すると、

北半球では東寄りに
南半球では西寄りに

曲線を描いて飛ばなければならない。

 

他にもコリオリの力が見てとれる事例はある。

 

台風やハリケーンは、北半球では反時計回りに渦を巻くが、南半球では時計回りになる。

 

よく間違えられているのが、トイレやシンクの水だ。

 

家庭やオフィスで水を流す際、『排水溝の上に現れる渦の向きが、北半球と南半球では逆になる』という俗説をきいたことはないだろうか。

 

あれは全くの嘘。

 

コリオリの力はそこまで小規模なものには現れない。

 

もし反対になっていると思ったら、それは洗面台やシンクの設計がそういう形だったためだ。

 

関連記事一覧