カルシウムと動物性タンパク質を一緒に摂ると

 

カルシウム摂取のために、動物性タンパク質を摂りすぎると、かえって骨密度を下げてしまうという。

 

その理由は、「脱灰(だっかい)」という体内の働きのせいである。

 

動物性タンパク質は、血液を酸性化させる作用がある。

 

そのため、体内でそれを中和させるため、骨や歯からカルシウムを血中に溶かし、アルカリ化しようとする。

 

脱灰の進行を放置すると骨がスカスカになってしまうことは言うまでもない。

 

関連記事一覧