ダイヤモンドは炭素なのになぜ固い?

 

地球上で最も固い物質であるダイヤモンドは、炭素で構成される。

 

かたや、鉛筆の芯に使われる黒鉛も、全く同じ炭素から成っている。

 

あれほどポキッと簡単に折れてしまう鉛筆の芯が、ダイヤモンドと同じというのは、にわかには解せない。

 

理由は、ダイヤモンドが形成される過程にある。

 

ダイヤモンドは、地球のマントル中の高温・高圧の環境下で形成される。

 

対して黒鉛は炭素原子が平面上に形成されるのに対し、マントル中の炭素は正四面体になるよう形作られる。

 

それが地殻まで浮き出てきたものを、人々が採掘しているというわけだ。

 

と言っても、マントル中の物質が地殻まで上昇するほど大規模な地殻変動は、生物発生以来起きていないと言われている。

 

それが、ダイヤモンドが古い地層のある大陸に多く見つかる所以である。

 

【>>次ページ】地球最古の生命体は、バクテリアだった?

 

 

関連記事一覧