日本では『大人用』のほうが売れている。

 

日本では、子ども用オムツよりも大人用オムツのほうが売れている。

 

理由は言わずもがな……

 

・高齢者の増加
・子どもの数の減少
・出生率の低下

……である。

 

日本は少子高齢化社会と言われ、子ども用オムツの売り上げが減る一方、大人用のオムツの売れ行きが伸びている。

 

高齢者の介護用に、大人用オムツのニーズは高まる一方なのだ。

 

そして2012年、ついに子ども用オムツの売上を、大人用が追い抜いてしまったそうだ。

 

【>>次ページ】-10 ℃の極寒で赤ちゃんを寝させる地域がある

 

関連記事一覧