地球は小さな塵から始まった。

 

地球は、小さなゴミから始まった。

 

現在の太陽系のもととなる原始太陽系星雲が誕生したのは、約46億年前のことだと言われている。

 

当時の太陽のまわりには、宇宙塵とよばれる小さな塵のようなものとガスがあるだけだった。

 

この塵が次第に固まっていってできたのが、「原始惑星雲」と呼ばれるものである。

 

これは塵が集まって塊になったもので、それが衝突を繰り返すことで次第に大きくなっていったのだ。

 

更にそこへ何度も隕石が衝突し、地表に含まれていた水分や二酸化炭素が蒸発していき、それが大気となった。

 

この大気により、地表の熱が宇宙空間に逃げることがなくなり、生物が誕生する環境が整ったのである。

 

【>>次ページ】地球の質量は変わらないのか?

 

関連記事一覧