映画「E.T」の有名なシーンと言えば

 

1982年公開の、日本でも大ヒットしたアメリカの映画「E.T.」。

 

その象徴とも言えるシーンと言えば、主人公の少年とE.Tが指先と指先を合わせている場面である。

 

しかし、あのシーンはポスター用に作られた単なるイメージ画で、劇中に存在するシーンではない。

 

【>>次ページ】セブンイレブンはもともと日本の会社ではなかった。

 

 

関連記事一覧