年を取るほど時の流れが早く感じるのはこういうこと。

 

年を取る度に時間の経過が早く感じる理由には二つの説がある。

 

①子どものころは毎日がより刺激的であり、時間が濃く遅く感じられるため。

 

②生きた年数との相対的なものであるため。10歳の人の1年間は10%にもなるが、50歳の人の1年は2%にしかならない。

 

【>>次ページ】人の脳の大きさは年齢を重ねても変わらない。

 

 

関連記事一覧