地球が太陽に近づくと北半球は冬になる←説明できる?

 

地球上に四季が存在するのは、地球が太陽の周りを回っているためである。

 

しかし、太陽に近づいた時に夏になり、離れた時に冬になるという考えは、南半球でしか当てはまらない。

 

実際は、北半球では冬のほうが太陽との距離は近く、夏のほうが遠くなるのだ。

 

なぜ、太陽に近づいた時に夏になるなどという勘違いが生まれるのか。

 

おそらく太陽と地球の距離が近いほうが、太陽光との距離がより近いため、地表が熱せられるということだろう。

 

確かに、地球は太陽の周りを楕円を描いてまわるので、太陽との距離は時期により変わる。

 

しかし、最も遠い時と最も近い時の距離差は僅か数%であり、四季が生まれる直接の原因は『距離』ではないのだ。

 

では、何が地表に夏と冬をつくりだしているのか。

 

答えは、太陽光の入射角と日照時間だ。

 

地球の自転軸は、太陽に向かって23.4°傾いている。

 

この傾きが、時期により受ける太陽光の量に差を生むのだ。

 

例えば北半球では、太陽からの距離が遠い方が、垂直に近い角度で狭い範囲に照射されるため、気温が上昇し夏になる。

 

反対に、太陽との距離が狭まったとき、つまり同じ熱量の光がより斜めから広い範囲に照射されるたとき、冬になる。

 

更に、夏は日が長く、冬は短いことも、気温の高低に更なる差をつける。

 

ちなみに南半球では、上記の内容は全て逆になるのでご注意を。

 

関連記事一覧