奥歯に金属が当たるとゾクッとする人へ

 

わかる人にはわかる、わからない人にはわからないので申し訳ないのだが

 

アルミホイルを奥歯で噛むと、なんとも言いがたい嫌悪感を味わうことがある。

 

あれは一体何なのかご存知だろうか。

 

実はあの感覚は、ホイルと歯の詰め物との間で「ガルバニー電流」という電気が流れることで発生しているのだ。

 

奥歯に銀歯など詰め物が施されている場合、そこにアルミホイルやスプーンなど他の金属が触れ合うことで流れる電流が、歯の神経を刺激するのだ。

 

口の中は水分が多いため、そこで異なる金属が触れ合うことでイオン化傾向の違いにより電流が発生するのだ。

 

なので、詰め物を一切していない人には全く起こることはない。

 

関連記事一覧