金メダルはほぼ銀メダル

 

オリンピック競技で優勝すると、何やら偉い人たちから金のメダルがもらえる。

 

その名も、金メダル

 

競技での優勝の達成感や賞金に加え、更にあんなに大きな金の塊が同時に手に入るとなれば、さぞ愉快だろう。

 

しかし、金メダルは全くもって純金製ではないのだ。

 

金メダルは、純度92.5%の銀台を、僅か6gの金メッキでコーティングしただけの代物である。

 

昨今の金相場から考えても、金メダルは金として売却してもせいぜい2-3万円にしかならないということになる。

 

『金メダル、自分は要らないので売って来ました!』とインスタにアップし炎上するようなクレイジーなメダリストを見てみたいものだ。

 

関連記事一覧