ゴルフはなぜ18ホールまでなのか

 

ほとんどのゴルフコースは、18個のホールで設計されている。

 

クラブハウスから出て1~9番ホールまでを「アウト」と呼び、折り返してクラブハウスまで戻ってくる10~18番ホールまでを「イン」と呼ぶ。

 

なぜ、18という中途半端な数字から成るのか。

 

1764年、イギリスのスコットランド地方にある名門クラブ「セント·アンドリュース·クラブ」が、それまで22まであったホールを18までに改定した。

 

補足をすると、ウイスキーにまつわる雑学も存在する。

 

当時のゴルフ界には、1ホール終えるごとにウイスキーを1グラス飲むという文化があった。

 

ウイスキーを18杯飲むと1ボトルが空いたことから、18ホールになるという寸法だったそう。

 

お酒の器もゴルフの打数も『1ショット、2ショット…』と数えることも関係があるそうだ。

 

ショットグラスとその他のグラスでは大きさが大きくことなるが、そもそもボトルの大きさもどれほどだったのかは謎である。

 

関連記事一覧