ずっと発情していて交尾ばかりする動物

 

日本では、恋愛や異性に対して消極的な性分を指し「草食系」と呼ぶ。

 

逆に積極的な人を「肉食系」と呼ぶ。

 

つまり『ガツガツいくか、いかないか』で例えているわけだが、実際の動物の世界ではこれは真逆と言える。

 

草食動物は、確かに他の動物を狩ることはないが、異性に対しては驚くほどガッついている。

 

性欲で言えば、肉食動物よりも草食動物の方が遥かに旺盛なのだ。

 

理由は単純明快である。

 

往々にして被食者である草食動物は、肉食の捕食者よりも個体数を増やす必要があるからだ。

 

狙われ、食べられ、減らされる……

となれば、対応策はただ一つ。

 

増やす、というわけだ。

 

例えばウサギのオスは、生後4カ月ごろから発情するようになり、死ぬまでずっと発情し続ける。

 

まるで食事でもするかのように、目の前のメスと交尾をしようとする。

 

ウサギに「発情期」は存在しないのだ。

 

関連記事一覧