未だに解読されていない文字

 

今までに約1500種類が発見されているインダス文字

 

19世紀以降、多くの考古学者がその解明に挑んだが、文章が短いことから解読は難航。

 

中には『これは文字ではなく、ただの印章である』という学説もある。

 

しかし2009年、ワシントン大学の研究チームが、人工知能を使っての判読に挑戦。

 

文章の意味までは未解読のままだが、文法的規則制を発見することは出来ている。

 

【>>次ページ】アルファベットって何?

 

関連記事一覧