パーでアイコなら次はグーを出せ

 

グー・チョキ・パーで行う、じゃんけん

 

3つの手で行われるのだから、勝率はみんな同じ、平等なゲームかと思いきや、実はそうとも言い切れないらしい。

 

人間の心理として、出しやすい手とそうでない手があるのだ。

 

人間は特に何も考えていなければ、手の自然な形に近いグーやパーを出しやすい。

 

また、緊張したり意気込んでいると、拳を握る形であるグーを出す確率が上がる。

 

つまり、最も不自然な形であるチョキを出す確率は低くなるため、こちらはパーを出していれば勝てる確率が高くなるという寸法である。

 

また、アイコのときは、『出した手に負ける手を出す』という方法もある。

 

例えば、パーであいこだった場合、グーを出せということだ。

 

アイコになった場合、人は心理的に同じ手を避けようとする。

 

パーでアイコなら、次は相手はグーかチョキを出す確率が上がる。

 

なのでグーを出しておけば、勝ちか引き分けに持っていける可能性が比較的高い。

 

関連記事一覧