イエス・キリストはユダヤ教徒だった

 

キリスト教の創始者イエスは、もともと敬虔なユダヤ教徒として育ったのをご存知だろうか。

 

ユダヤ教とは、紀元前6世紀ごろ成立したユダヤ人の民族宗教である。

 

・唯一神ヤハウェの存在
・ユダヤ人のみの救済を打ち出す思想や
・それを実現するメシアの存在

が特徴である。

 

こうしたユダヤ教の一派から、「洗礼者」と呼ばれるヨハネが出現。

 

当時のユダヤ教の在り方を批判し、洗礼運動を始めた。

 

イエスは3歳のときに、このヨハネから洗礼を受ける。

 

そして紀元後29年ごろから、ガリラヤ地方でユダヤ教の布教を始めた……と思いきや、イエスが説いたのはユダヤ教ではなく、
独自の思想だった。

 

これが社会でしのぎを削る下層の人々に支持され、イエスはメシアと仰がれるようになった。

 

イエス本人は、ユダヤ教に並ぶような新たな宗教を興すつもりがあったわけではないとされる。

 

イエス亡き後、彼を指示していた人々により、その思想を体現した宗教がつくられた。

 

キリスト教の誕生である。

 

関連記事一覧