カンガルーはオーストラリアにいる←これ

 

カンガルーなどの有袋類は、哺乳類(真獣類)の中では比較的弱い生き物である。

 

恐竜の絶滅後、真獣類が台頭し、現アジアや北アメリカにいた有袋類は南へ南へと追いやられていったのだ。

 

南アメリカ大陸を通り、そのまま南極大陸に渡り、最後はオーストラリア大陸へ。

(当時は大陸同士が陸続きで繋がっており、南極大陸は暖かかった。)

 

後にオーストラリアと南極大陸が分離し、追っ手が途絶えたため、種は存続することができた。

 

現在ニュージーランドや南アメリカにも、生存が確認されている。

 

関連記事一覧