実は強い雄ライオンほど狩りをしない

 

『百獣の王』とはよく言うが、群れを率いるオスライオンは、縄張りを見張ったり、寝てばかりで、ほとんど狩りをしない。

 

狩りは基本的にメスが行う。

 

では、オスは縄張りを守っているだけなのだろうか。

 

たしかにそうなのだが、決して怠け者というわけではない。

 

オスライオンは、生後2、3年で群れを追い出される。

 

その後は、一匹で獲物を見つけながら、他の群れを乗っ取ることが任務となる。

 

そう、ライオンの群れを見つけ、そこのオスのボスライオンを倒すことで、自分の群れを手に入れるのだ。

 

群れにはたくさんの血縁のないメスがいるため、そこでは満ち足りた食糧と子孫繁栄が待っているということだ。

 

巷で放映される、ひたすらゴロゴロしているオスライオンの映像をみると『呑気だな』『狩りくらいしてこいよ』と思いたくもなる。

 

しかし、オスライオンは生まれながらにして『殺るか殺られるか』を余儀なくされているのだ。

 

そう考えると、オスに守られながら狩りをしているメスの方が、多少は易しい生活なのかもしれない。

 

関連記事一覧