恐怖!脳にメスを入れるロボトミー

 

ロボトミーとは、50年代ごろに行われていた精神外科治療である。

 

統合失調症や躁鬱病などの患者の脳にメスを入れることで改善するというもので、当時は実用的に行われた。

 

発明したのは、ポルトガルの学者「エガス・モニッツ」である。

 

彼は「ある種の精神病に対する前額部大脳神経切断の治療的意義の発見」という名誉のもと、1949年「生理学・医学賞」部門でノーベル賞を受賞した。

 

しかし、このロボトミーは、実は非常に危険な手術だったことは間違いない。

 

ロボトミーは、患者の精神疾患だけでなく、人間性や人格すら取り除いていたのである。

 

アメリカの第35代大統領ケネディの妹、ローズマリーは、ロボトミー手術を受けた患者の一人だった。

 

彼女は23歳のときに、ロボトミー手術が原因で知的障害を負った。

 

彼女は余生をずっと精神病院で送ったという。

 

その後もこうした後遺症問題は後を絶たず、精神疾患に対する薬物療法が発展してきたこともあり、危険なロボトミーは全世界で衰退し、廃止へ向かった。

 

関連記事一覧