あなたの知る世界地図に潜む罠

 

あなたは、世界地図といえば、どんなものを思い浮かべるだろうか。

 

私たちが最も目にする世界地図は、真ん中に自国が位置し、北部にはユーラシア大陸が一面に大きく広がってるものだろう。

 

これは、1569年にベルギーの地理学者ゲラルドゥス・メルカトルが発表した「メルカトル図法」で描かれたものだ。

 

メルカトル図法の地図の最大の特徴は、大陸や島の角度が正確に表示されており、船での航海に向いていることだ。

 

しかし、実際には球形をしている地球を平面に投射しているため、置換えているため各部の面積がデタラメになっている点には要注意だ。

 

つまり、赤道付近ほど面積が小さく、極地へ向かうほど面積が実際よりも大きく表示されるということだ。

 

例えば、北極付近を見渡してみると、グリーンランドなどはとても大きな面積を占めているように見えるが、実際はアメリカ合衆国の4分の1ほどしかない。

 

ロシア連邦も、いくら世界一の面積を有した国家とはいえ、実際よりも遥かに大きく描かれている。

 

関連記事一覧