なぜ南極で隕石が多く見つかるのか?

 

南極の謎

 

南極では、隕石発見の報告が多い。

 

今回はその理由を紹介しよう。

 

隕石は当然、着地地点を選んだりはせず、地球の地表全体に落下してくるはずである。

 

しかし、地球上で発見された隕石の約80%は南極で発見されているという。

 

これは不思議である。

 

なぜ?

 

理由は簡単。

 

南極は、隕石を発見しやすい場所であるから。

 

南極へ飛来した隕石の多くは、氷河の上に落ち、そのまま氷河と一緒に流されていく。

 

そして氷河が山脈に差しかかったとき、せき止められた氷河が昇華する現象が起こる。

 

こうして、氷に埋もれていた隕石が明るみに出るのだ。

 

そう、つまり隕石は『南極に多く落ちる』のではなく、単に『南極に落ちたものが見つかりやすい』だけなのだ。

 

【>>次ページ】『あの金属』はもともと地球にはなく、隕石とともにやってきた?

 

関連記事一覧