なぜ電子レンジで温まる?

 

1965年に一般発売されて以来、電子レンジはもはや独り暮らしでも持つのが当たり前の存在となった。

 

ところで、みなさんは電子レンジで食べ物が温まるしくみをご存知だろうか?

 

「マイクロ波」という高周波の電磁波に、食物に含まれる水分が反応して加熱される。

 

というのも、水分子はマイクロ波によって高速で振動を始めるのだ。

 

その摩擦によって食物が温まる、という寸法だ。

 

その速度、1秒間に24億5000回。

 

ピンとこないほどの天文学的数字だが、あれだけキンキンに冷えていた食べ物があっという間にアツアツになるのも頷ける。

 

知っている人も多いと思うが、加熱の際に金属の器を使うと、マイクロ波が器で反射されてしまい、食品がうまく温まらないことがある。

 

また、火花が生じて危険なので、アルミや鉄で出来た器でチンしてはならない、と言われるのはそのためだ。

 

電子レンジからは、どうしてもマイクロ波が外へ漏れてしまう。

 

危険なので、電子レンジの使用中に顔を近づけている子どもがいたら注意してあげよう。

 

※ちなみに英語では電子レンジのことを「マイクロウェーブ」と呼ぶ。まさにそのまんま。

 

関連記事一覧