世界の核兵器は減っている

 

世界の核兵器の数が最多だったのは、いつだかご存知だろうか。

 

核兵器数は、今も増加中じゃないのかって?

 

否。

 

世界の核兵器数は、冷戦下の1986年をピークに減少している。

 

このとき、世界の核兵器の数は6万4000発の核兵器が存在し、当時のソ連が4万発。

 

アメリカが2万3000発を保有。

 

イギリス、フランス、中国、イスラエルを合わせて6か国が保有していた。

 

この年の4月にソ連でチェルノブイリ原発事故が発生。

 

その後冷戦が終結し、「アメリカとソ連が中心となって核兵器を削減する条約き段階的に結んだ。」

 

欧州の中距離核ミサイルは撤去、核弾頭も削減された結果、核兵器の数は約1万発(2014年)と大幅に減少。

 

ただし、保有国はパキスタン、インド、北朝鮮が増えて9か国になった。

 

関連記事一覧