• HOME
  • ブログ
  • 生物
  • タコはストレスで自分の足を食べるが、その場合はもう生えてこない

タコはストレスで自分の足を食べるが、その場合はもう生えてこない

 

タコは外敵に襲われた際、自分の足を切り離して逃げることができる。

 

その場合、無くなった足はすぐに再生が始まる。

 

一方、ストレスで自ら足を食べてしまう場合もあるのだが、その場合は二度と生えてこない。

 

【>>次ページ】タコやイカの吐くスミは「目くらまし」ではない

 

関連記事一覧