この国はどこでしょうか?

 

クイズ

 

この国は、どこだろうか?

 

 

◆ヒント①
アメリカの植民地だった時代に、多くの英語講師が派遣され、英語を話せる人が増えた。

 

◆ヒント②
独立後の現地語と英語による二言語併用教育により、文系科目は現地語で、理系科目は英語で教育が行われるようになった。

 

◆ヒント③
海外へ出稼ぎへ赴くために英語を学ぼうとする国民が多かったため、英語がスムーズに浸透した。

 

◆ヒント④
『全国民に対する、英語を使う国民の割合』が、世界で3番目に多い。
ちなみに1番はアメリカで、2番はインドである。

イギリス、カナダ、オーストラリアですら、この国よりは下になる。

 

 

さて、どこだかおわかりだろうか?

 

【>>ヒント】こんな人たちがいる国です

 

関連記事一覧