「7つの海」なぜ七つ?

 

「7つの海」という言葉をよく聞くが、ただ「世界中の海」という意味で使っていることが多い。

 

現代で7つの海と言えば、

北太平洋
南太平洋
北大西洋
南大西洋
インド洋
北極海
南極海

の7つとなる。

 

しかし、これは時代によって変わる。

 

船で航海をしていた中世の頃、地理学者が挙げていた7つの海といえば、

南シナ海
ベンガル湾
アラビア海
ペルシャ湾
紅海
地中海
大西洋

という、明らかに欧州のものばかりであった。

 

【>>次ページ】世界の国家に最もよく登場する言葉3選

 

関連記事一覧