睡眠薬で自殺は出来ない

 

よくサスペンスドラマなどで、大量の睡眠薬を服用して自殺をはかるシーンがあるだろう。

 

しかし、睡服薬を大量に服用したところで、それだけで死に至ることはない。

 

では、なぜそのような俗説が生まれてしまったのか。

 

それは、昔の睡眠薬ならば、自殺することができたからだ。

 

昔、睡眠薬は「バルビツール系」と呼ばれる成分で作られており、脳にまで影響を及ぼした。

 

そのため、多量に服用すると呼吸中枢に障害が生じることで酸となり、死に至ることがあった。

 

ただし、現在の睡眠薬は「ベンゾジアゼピン系」と呼ばれる成分で作られており、これは情動中枢だけに作用する。

 

そのため、興奮を抑えて精神を落ち着かせるアプローチとなる。

 

ベンゾジアゼピン系ならば、脳全体には影響を与えないので、大量に飲もうが死ぬことはない。

 

どのみち、無事で済むわけではないが……

 

関連記事一覧