スリランカの人々はライオンの子孫?

 

スリランカの民族の7割は「シンハラ人」と呼ばれる民族である。

 

「シンハ」はサンスクリット語でライオン、「シンハラ」はライオンの子孫を意味する。

 

この由来は、同民族初代の王が、人間とライオンの間に生まれた子どもであったという神話によるもの。

 

スリランカの国旗にライオンが描かれているのもそのためである。

 

【>>次ページ】マーライオンはもともと虎だった?

 

関連記事一覧