空は青い、夕焼けは赤い、答えは明白。

 

突然、小さな子どもにきかれたことを想像して欲しい。

 

ねえ、どうして空は青いの?

どうして夕焼けは赤いの?

 

あなたは大人として、この質問をスルー出来るだろうか?

 

私は出来ない。

 

ということで、なぜ空は青く、夕焼けは赤いのか簡単に説明しよう。

 

まず、太陽光は、7色に分かれている。

 

紫、藍、青、緑、黄、橙、赤

だ。

 

それらは大気中の様々な分子やチリに阻害され、いろいろな方向に散乱させられ、地上に届く。

 

この際、光は『紫に近い色ほど散らばりやすい』という性質を持つ。

 

まず紫、藍が散らばる。

 

そして青が散らばる際、太陽光は地上に届く。

 

故に普段の空は青く見えるのだ。

 

しかし、日が沈むころになると、日光は昼間に比べて斜めに地上へ差し込むことになる。

 

そのため、昼間より長い距離をとんでくることになる。

 

地上へ届くころには青も散乱し終え、ちょうど赤が残った状態になる。

 

夕焼けが赤いのはそのためだ。

 

と、いう説明をいかにわかりやすく子どもに伝えるか……

それはあなたの役目だ。

 

 

《続きを読む》「七色の大地」をご存知だろうか?

 

 

関連記事一覧