舌の部位によって感じる味は違うのか

 

「味覚分布図」なるものをご存知だろうか。

 

舌にある、味を感じる受容体を「味蕾(みらい)」というが、舌の部位によって味蕾が受け取る味の種類が別れている、というものだ。

 

味覚分布図は世界各地の教科書に記載されていたため、信じてしまうのも仕方がないのだが、現在は完全に誤りである。

 

人の舌は、

・甘味
・塩味
・酸味
・苦味
・旨味

の5種類の味を受容することが出来るが、実際は、全ての味蕾は全ての味を感じることができる。

 

つまり、舌の先だろうと、奥だろうと、受け取る味の種類に違いはないということだ。

 

なぜ、このような嘘がこれほどまでに広がってしまったのか。

 

原因は1901年にドイツのヘーニッヒが作成した論文の中にあった。

 

そこには、味覚は

・甘味
・塩味
・酸味
・苦味

の4種類に分けられ、舌の部位によって感度が不均等に偏っていることを意味する感動分布図があったのだ。

 

更に1942年、ハーバード大学の心理学者エドウィン・ボーリングがそれを引用し、新たに発表した。

 

ボーリングはヘーニッヒの報告内容をしっかりと引用していたのにも関わらず、『感度が偏っている』という本来の旨を『完全に別れている』と勘違いされてしまったのだ。

 

いつしかそれが「味覚分布図」というキャッチーな偽情報となり、出回ってしまったのだ。

 

1990年代ごろより、学界で味覚分布図は完全に否定されるようになり、世界中の教科書から抹消された。

 

関連記事一覧