タックスヘイブンに良いイメージがないのはなぜ?

 

「タックスヘイブン」とは、税金が極端に低くしてある、あるいは無税の地域のことを指す。

 

というのも、基本的には外国資本を呼び込むために国が意図的に画策したものである。

 

世界の富裕層や企業が、タックスヘイブンに実態のないペーパーカンパニーを作り、そこへ資産を移すことで課税を逃れている。

 

関連記事一覧