0,15,30,40←この数列と言えば

 

みなさんは、この数字の並びを見て何を思い出すだろうか。

 

0

15

30

40

 

そう、テニスの試合では、得点を0(ラブ)、15(フィフティーン)、30(サーティ)、40(フォーティ)とカウントしていく。

 

実は、明確な由来は判っていないと言われている。

 

しかし、一応いくつかの説が存在している。

 

一つは、スコアボードの代わりに時計盤を使っていた時代のもの。

 

60分を4分割して15分を1単位とし、4点先取した方が1ゲーム、
としていため。

一方、テニスは、「ジュー·ド·ポー」という素手でボールを打ち合うスポーツを起源とする説もある。

 

ジュー·ド·ポーが盛んに行われていた修道院の人々は、は15分刻みで生活していた。

 

なので、それがそのままスポーツのカウントに転用された、というのだ。

 

しかし、疑問はまだ残る。

 

点数のカウントが15、30と続くならば次は45となりそうなものだが、なぜ40なのか。

 

これには、試合中に審判が45 (フォーティファイブ)とコールしづらいので40となった、というあっけない説が有力である。

 

関連記事一覧