地球の自転はなぜ止まらないのか?

 

地球を含むあらゆる星は、全て自転しながら太陽の周りを公転している。

 

なぜ、あれだけの質量のものが延々と回転し続けられるのだろうか。

地球が公転をはじめたのは、原始太陽の周りに塵とガスが集まり、衝突を始めたことに起因している。

 

原始太陽の周りを公転しながら、地球と言える形になるまで、衝突は繰り返された。

 

そしてその衝突が、現在の自転運動を生み出したと言われている。

 

そして宇宙では摩擦がないので、一度回転しはじめたものは他のエネルギーが加わらない限り止まることはない。

 

更に言えば、そもそも太陽のまわりを塵やガスが回り始めたのは太陽の引力が原因である。

 

つまり、厳密には『惑星たちは太陽に引き寄せられながら、回り続けている』ことになる。

 

【>>次ページ】なぜ北半球と南半球では季節が逆になるのか?

 

 

関連記事一覧