地球の裏側までスコップで掘ると何日かかる?

 

もし人間がスコップで穴を掘り続けたら、いったい何日で地球の裏側に到達できるだろうか。

 

地球の直径、つまり掘らなければならない距離は、1万2,742kmである。

 

人間がスコップで穴を掘るスピードは、日本の千葉県で2015年に行われた全国穴掘り大会において、優勝したチームの記録が、『30分で348cm』だったという。

 

これを基に、人体の疲労などを考慮せず単純に計算すれば、『207年10カ月』で地球の裏側に到達できる計算になる。

 

【>>次ページ】地球の質量は本当に変わらないのか?

 

関連記事一覧