洗ってない布団の中にいるダニの数

 

ハウスダストという言葉が流行してから久しい。

 

ハウスダストとは、主に

・砂埃や衣類から出る繊維

・人体から剥がれ落ちた皮膚やフケ

・ダニの死骸や糞

・カビの胞子や花粉

の総称である。

 

誰も住んでいない家屋であっても、隙間という隙間からそれらは室内へ入り込む。

 

その粒子は予想以上に細かく軽いため、人の頭の高さから床に着地するまでに数時間かかる場合もある。

 

少し信じられない数字だが、洗わずに使いっぱなしの布団の中には、数億匹のダニが生息しているとも言われる。

 

そんなダニの糞を日常的に空気と一緒に吸い込んでいると思うと、なんとも気色が悪い。

 

そしてダニの餌となるのは、私たち人間から出た皮膚だというから、文字通り皮肉な話である。

 

といってもハウスダストは目に見えないので、あまり気にしても仕方がない。

 

ダニは高温多湿を好むので、なるべく換気をし、布団や床を清潔に保つことが最適な対策となるだろう。

 

関連記事一覧