「のどちんこ」は何のためにある?

 

俗に言う「のどちんこ」「喉彦(のどひこ)」は、正式には「口蓋垂(こうがいすい)」という。

 

口蓋垂は、人が胎児のときに口蓋(口の奥)が二つに別れていたことの名残であり、それ以降は全く不要なものである。

 

【>>次ページ】あくびって何ですか?

 

 

関連記事一覧