脊椎動物の脳の進化を遡ると、ホヤに行き着く。

 

私たち人類を含め、脊椎動物の活動は、脳によりコントロールされている。

 

つまり『脊椎動物の進化』は『脳の進化』と言っても過言ではない。

 

脳の進化を語るに無視できないのが、その元型である「神経管」だ。

 

脊椎動物の脳が形成される際、

・長さ約2mm

・直径約0.2mm

の微小な神経の管から始まるのだ。

 

現世人類の脳から、より原始的な脳の構造をもつ動物を辿っていくと……

霊長類→哺乳類→爬虫類→両生類→魚類

という順番になる。

 

神経管を持つ動物を遡り続けると、なんとホヤの幼生に行き着くことがわかっている。

 

ホヤの幼生が発生したのは、約5億年前。

 

一見とてもそうは見えないホヤが、実は生物に脳が誕生した起源と言われているのだ。

 

【>>次ページ】月がなくなったら地球への影響は?

 

 

関連記事一覧