ウェディングドレスの色

 

ウェディングドレスの色と言えば、それはまあ白を思い浮かべるのが普通だろう。

 

しかし、中世のヨーロッパでは必ずしも白というわけではなく、さまざまな色のドレスが着られていたようだ。

 

白を着る人が増えていったのは、ヴィクトリア女王の結婚式がきっかけである。

 

というのも、白は裕福の象徴であったため、まさに女王に似つかわしい色だったのだ。

 

しかし、産業革命を迎えた後は、一般庶民でも白いドレスを買えるようになったことで、もはや常識となるまで広まったとされている。

 

関連記事一覧