鏡に向かって「お前は誰だ?」←絶対やるな

 

ゲシュタルト崩壊とは、

『一度に同じことばかりを繰り返し行ったり考えたりしたときに起こる混乱現象』

というような意味で使われる。

 

しかし、もともとゲシュタルト崩壊とは、第二次世界大戦中のナチスドイツに由来している。

 

ナチスがユダヤ人弾圧の手口として行った、人格コントロール実験がもとになっているという。

 

知る人ぞ知る「お前は誰だ実験」というものがある。

 

その内容は、

1日数回、被験者に鏡に向かって『お前は誰だ』と言わせる

という単純なものである。

 

しかし、これを毎日行っていると、約3ヶ月で自我が崩壊し、自分が誰だかわからなくなってしまうという。

 

まるで嘘のような恐ろしいゲシュタルト崩壊が待っているということだ。

 

ここで知ったからといって、決して真似はしないように。

 

いや本当に。

 

関連記事一覧